ほしつん
保湿クリームによる保湿スキンケアが肌にとって非常に大切なのはご存知だとは思います。

ただし肌に潤いを与えるだけではなく保湿が必要な肌の状態に種類がいくつかあったあり、どの成分が効果があるのをご存じでしょうか?

やたらむやみに化粧水・美容液・クリーム・オールインワンジェルなどでカバーをしてもそれだけでは乾燥肌や脂性肌、トラブル肌は簡単に解決できません。スキンケアの使い方や生活の見直しも大事なのです。

このサイトでは保湿クリームがもたらしてくれる肌への嬉しい効果や、保湿によって改善される肌トラブルや気になるお悩み、そしてそれぞれの改善したい症状や理想の肌を作るためにおすすめの保湿クリームを紹介しいきます。

↓いち早くおすすめの保湿クリームをチェック↓

保湿クリームランキング

保湿クリームでどんな悩みを解決しますか?

保湿クリームはさまざまな症状を持った方の対象製品が多く発売されています。

ただし、保湿によって肌に潤いを与えるだけではなく何を改善したいのか?によってもおすすめできる保湿クリームが異なってきます。

ご自身が当てはまる症状・改善したい肌の状態を選んで悩みにそった改善方法や保湿クリームをおすすめしています。

【特集】

  • 保湿クリーム&スキンケアのトライアルセットのおすすめ
    【プチプラで気軽にお試し】保湿クリーム&スキンケアのトライアルセット2017年版

【総合スキンケア部門】保湿クリームのランキング

ここでは気になる人気の保湿クリームと実際に試すことができるライン使いのお試しセットをチェック出来ます。

1位 アヤナスディセンシア

アヤナスディセンシア

評価:★★★★★

保湿力:★★★★★

コスパ:★★★★☆

香り:★★★★☆

ベストコスメ5冠受賞のポーラ化粧品が自信をもっておすすめする保湿クリーム。

乾燥肌、敏感肌のためにアヤナスだけが取得した特許技術を導入し、通常のセラミドの4倍以上の保湿浸透をもたらしてくれます♪

2位 アスタリフトホワイト

アスタリフトホワイト

評価:★★★★★

保湿力:★★★★☆

コスパ:★★★★☆

香り:★★★★☆

2016年、みんなベスコスにて「たるみ引き上げ部門賞」第一位を獲得した保湿クリーム

富士フィルム独自のアスタキサンチンやナノ技術により肌にハリと潤いを持たせてくれます♪

3位 ヒフミド

ヒフミドの保湿クリーム

評価:★★★★★

保湿力:★★★★☆

コスパ:★★★★☆

香り:★★★☆☆

すべての成分をオープンに公式に公表している信頼感ある小林製薬の保湿クリーム。

小林製薬独自のヒト型セラミドを配合し、小じわ対策やふっくら肌に仕上がるテクスチャーは若年層から高年層まで人気です♪

【アトピー部門】保湿クリームのランキング

1位 メディプラスゲル

メディプラスゲル

評価:★★★★★

保湿:★★★★★

販売実績600万本の元皮膚科のお医者さんが開発者に携わった低刺激の完全オーガニックジェル

女性から男性まで幅広い方に利用されており、また完全無添加でアトピーなどに使用されている方の声も多数あります。信頼度が高いオールインワンゲルです。

2位 アトピスマイルクリーム

アトピスマイルクリーム

評価:★★★★☆

保湿:★★★★★

累計販売本数35万本の実績を持つ敏感肌には非常におすすめの保湿クリーム

日本で唯一、肌の水分保持の改善できる機能として医薬部外品として認められたライスパワーNo.11を配合した刺激にも強くなることができる製品で安心感があります♪

【注意】:アトピーに関してはデリケートな問題な為、「すでに症状がかなり悪化している方」・「小さいお子様がアトピーにかかっている」場合などは必ずかかりつけのお医者さんに確認の上、使用するようにしてください。

【ニキビ部門】保湿クリームのランキング

1位 ラ・ミューテ

評価:★★★★★

保湿:★★★★★

製薬会社との共同開発で合成着色料完全フリーな女性ホルモンに着目したスキンケア

ニキビへの効果は大手口コミサイトや利用者からの高評価の声が続出しています。全製品に対してパッチ検査を行い信頼度が高いスキンケアです。
保湿クリームではないですが、洗顔、化粧水、美容液とライン使いすることで絶大な効果を得られると人気の製品です。

2位 ルナメアAC

ニキビ専用ルナメアAC

評価:★★★★★

保湿:★★★★☆

化粧品で有名な富士フィルムによるニキビを毛穴からキレイにするスキンケア

ニキビ肌にダメージを与えず毛穴をキレイにし、しっかりと潤いを与える富士フィルム独自の成分を配合。アンチエイジング化粧品でも実績のある開発者による刺激を限りなく抑えた製品としてもおすすめできます。

3位 ノブACアクティブ モイスチュアミルク

ノブACアクティブ

評価:★★★★☆

保湿:★★★★☆

リピート率98%のニキビ肌の為の美容成分を含んだ保湿クリーム

皮膚医学に基づき考えて作られ「ニキビ肌に必要な美容成分」をふんだんに使用されています。十毛穴汚れもスッキリさせる「マイルドピーリング効果」を得られるのもノブACアクティブだけの特権です。

乾燥肌に対する保湿クリームの効果は?

そもそも乾燥肌とはどのような状態の肌のことを指すのでしょうか?

肌の乾燥を補う保湿ケア

保湿クリームの効果

乾燥肌は皮脂の分泌の低下や角質間細胞の減少により角質の水分量が低下している状態です。

角質とは私たちのお肌を構成しているいくつかの層で一番表面にあたる部分なのですが、ここには本来十分な水分が蓄積され、正常な量の皮脂によりそれらの水分が蒸発せずに守られています。

皮脂の分泌量が多く脂性肌と呼ばれ肌がべたついたり、テカりやすいという肌質の方もいらっしゃいますが乾燥肌の方はその逆で皮脂の分泌量が少ないため肌に水分をとどめておくことができなくなっているのです。

乾燥肌はカサカサとしてお化粧のノリが悪くなるだけではなく、柔軟性を失っているため様々な肌トラブルにかかりやすい状態です。

また、角質層の水分保持量が十分ではないと肌の生まれ変わりのサイクルであるターンオーバーが乱れる原因となってしまうため、古い角質が残ってしまい肌の明るさやハリツヤを失ってしまうことにも繋がります。

ターンオーバーが乱れる

乾燥肌の方は生活習慣や体質により肌の潤い成分や皮脂が減少している状態ですので、それらを外から補ってあげることが重要になっていきます。そのために有効なのが、潤い成分がたっぷりと配合された保湿クリームです。

乾燥肌に効果のあるスキンケア

前述のように、乾燥肌に対するケアには減少してしまっている保湿成分を外から補ってあげることが重要です。問題の角質層に存在する保湿成分には、以下のようなものがあります。

セラミド

細胞間脂質の主成分であり、水分を蓄えて肌の保湿を促すとともにホコリや塵といった外部刺激から肌を守ってくれる役割を果たします。

用語集:スキンケア用語のセラミドって?

NMF

NMFとはNatural Moisturizing Factorの頭文字をとったもので、日本語にすると天然保湿因子といい、角質細胞内で水分を保持する役割を果たします。

保湿成分は分子量が大きいために肌奥深くへ浸透させるのが難しいとされていますが、角質層は肌の一番表面にあたり、スキンケアの効果を与えるのが比較的容易であるためこれらが配合されたスキンケア商品を選ぶことで減少している保湿成分を補うことが可能です。

セラミド

特にセラミドは角質の潤いを保つ要である細胞間脂質の主成分であるため、積極的にセラミドが配合されている商品を選びたいところです。

また、セラミドを角質層まで届けることは比較的容易ですが、それらをそのままの形状で配合したものでは角質層のさらに表面のごく一部までしか届かない場合があります。

そのため人間の皮膚に存在するセラミドにより形状の近い「ヒト型セラミド」やセラミドの分子量を小さくしたものを選ぶことで、角質層の隅々にまで有効成分を届けることができます。

敏感肌に対する保湿クリームの効果は?

乾燥性敏感肌の方は、乾燥によりバリア機能が低下し、お肌が外部刺激に弱くなってしまっている状態です。

乾燥性の敏感肌には丁寧な保湿ケアを

肌のバリア機能の重要性参考:皮膚のバリア機能について

バリア機能とは、肌本来が持つ皮膚を外からの刺激から守るための機能で、肌表面に薄い膜を張りホコリや塵、衣類のこすれなどから素肌をガードします。

このバリア機能は肌の角質層が正常に潤った状態ではじめて存分に効果を発揮することができ、逆に乾燥した状態の肌では十分な効果を得ることができません。

このバリア機能の低下による敏感肌は慢性的な乾燥肌によっても引き起こされますが、生活習慣の乱れや睡眠不足、間違った洗顔やクレンジングが原因となることもあります。
ほしつん
バリア機能が低下している状態の肌は非常に無防備な状態であるため、応急処置的に肌表面に潤いの膜を張る必要があります。

また、お肌の乾燥やバリア機能を根本的に改善するために、肌の角質層に不足している水分や潤い成分をスキンケアによって補うことも重要です。

敏感肌に効果のあるスキンケア

前述のように敏感肌を改善するためには、応急処置的にバリア機能の代わりとなるような潤いの膜を張ることと、バリア機能を根本から向上させるようなケアが必要です。

潤いの膜を張る成分

肌表面を潤して外部刺激から守るためにはヒアルロン酸、コラーゲン、セラミドといった肌本来が持つ潤い成分やある程度の油分が配合され、刺激に弱くなっている肌にも安心して使えるような製品を選ぶことが大切です。

また、元々乾燥肌でないにも関わらず間違った洗顔によって肌表面の潤い機能が低下してしまっている場合もあります。

多くの場合、洗顔やクレンジングに時間をかけすぎていたり、洗浄力の強すぎるものを使用している、強い力でこすっている等の理由があげられます。

もしもいきなり肌が乾燥し刺激に対して敏感になったという方は、これらの点に注意し毎日の洗顔方法を見直すようにしましょう。

バリア機能を向上させる成分

バリア機能を回復させるには、肌の角質層を十分に保湿することが重要です。そのため角質層の潤い成分であるセラミドがより肌に届きやすい形で配合されている製品を選ぶようにしましょう。

前述のように人の肌に元来存在するセラミドに近いヒト型セラミドや、ナノレベルに形成されているものを目安にすると良いですね。

アトピーに対する保湿クリームの効果は?

アトピーの症状

アトピー性皮膚炎の方は、生まれつきのアレルギー体質に加えて肌の乾燥に伴うバリア機能の低下により、かゆみや湿疹を引き起こしてしまいます。

アトピー肌は角質層の潤い成分であるセラミドが健康な肌よりも随分と少ないことが分かっており、このセラミドの減少によってバリア機能が元来低下してしまっている状態です。

そのためアトピー性皮膚炎を改善するためには不足している潤い成分をスキンケアによって補い、かゆみや湿疹を引き起こすバリア機能の低下を防ぐ必要があります。

また、しっかりと保湿ケアをすることによりアトピー性皮膚炎の発症を予防する効果も期待できます。

日常的な保湿ケアにより肌の持つバリア機能が向上するため、外部刺激やアレルゲンにより炎症を引き起こす確率を下げてくれるのです。

アレルギー体質を根本から改善するためには食生活や生活習慣の見直しも必要となりますが、炎症や湿疹を防いでくれる分快適に過ごすことができるはずです。

アレルギー体質は遺伝する可能性があることが知られており、親族にアレルギーを持つ方がいる新生児のお子さんはそれを受け継いでしまうことが危惧されますが、生まれてすぐの頃から保湿クリームを用いてスキンケアを行った赤ちゃんはそうでない赤ちゃんに比べてアトピー性皮膚炎の発症率が低いことが分かっています。

アトピー予防と保湿に関する記事をもっと詳しく↓

アトピーに効果のあるスキンケア

乾燥性の敏感肌と同様、アトピーの改善にもバリア機能の向上は必要不可欠です。そのため角質層の潤い成分セラミドが配合され、また、アトピー肌でも安心して使えるような低刺激の製品を選ぶようにするのがおすすめです。

しかしアトピー体質でなおかつ現在進行形で湿疹やかゆみが生じている肌にスキンケアを行う場合は、医師に相談の上で製品を選ぶようにしましょう。

また、皮膚科によってはそのままスキンケアとして使用できるローションやクリームを処方してくれるところもあります。

妊娠線の予防に対する保湿クリームの効果は?

妊娠線とはお母さんのお腹が大きくなるに連れて、その急激な変化に皮膚がついていけずに生じる、縦にひび割れたような線のことを指します。

伸縮しやすい肌表面に比べ、肌の奥深くの脂肪細胞は柔軟さがなく、お腹が大きくなるにつれてそのペースについていけず断裂を起こしてしまいます。

この断裂から毛細血管が透けてみえるので、妊娠線はぱっと見でも分かりやすい赤紫色をしていることが多く、気にされるお母さんがたくさんいらっしゃいます。

一方で妊娠線があらわれないまま出産を終える方もいらっしゃるのですが、妊娠が発覚した直後から保湿クリームを使いしっかりとした保湿ケアを行うことにより妊娠線を予防することができます。

妊娠線の予防と保湿対策の記事をもっと詳しく↓

妊娠線の予防に効果のあるスキンケア

しっかりと潤った肌はやわらかく伸縮性があるため、お腹が大きくなることに伴う断裂を防ぐことができます。

しかし肌質は一朝一夕で変わるものではないため、まだお腹がそれほど大きくない妊娠初期から保湿ケアをコツコツ続けることが大切です。

また、保湿ケアは既にできてしまった妊娠線を薄くする効果も期待できます。潤った肌はターンオーバーが正常に行われるため、刻まれてしまった妊娠線も徐々に回復させることに繋がるのです。

ニキビに対する保湿クリームの効果は?

ニキビ肌にお悩みの方はさっぱりとしたスキンケアを心がけ、肌をしっとりさせる保湿ケアを避ける傾向にあるかも知れません。しかし、実はそうした保湿を軽視しがちなケアがさらなるニキビを招いてしまう可能性があります。

ニキビの原因は皮脂の過剰分泌による毛穴のつまりによって、炎症が引き起こされることにあります。思春期にニキビに悩まされることが多いのは、成長期のホルモンバランスの乱れにより皮脂が過剰に分泌されるためです。

こうしたイメージからニキビ肌の人には油分を足すような保湿ケアは必要ないと考えられがちですが、肌が潜在的に乾燥していることによって肌が危険信号を出し、自ら余分な皮脂を分泌してしまうことがあります。

また、肌の保湿が十分でないと肌のターンオーバーが乱れ皮脂や角質が蓄積されニキビの原因となったり、できてしまったニキビの治りも遅くなり跡が残りやすくなってしまいます。

そのためニキビ肌の人でも、油分をカットしつつ肌に潤い成分を届けるような保湿ケアは大変重要です。

ニキビ対策に関する記事をもっと詳しく↓

ニキビに効果のあるスキンケア

前述のように肌に油分を足すのではなく、潤い成分を補うようなスキンケアはニキビの改善にとても有効です。ヒアルロン酸やコラーゲンといった肌本来が持つ潤い成分を外側から補いつつも、肌に余計な油分を与えないようなオイルフリーの製品や、さっぱりとしたテクスチャーの保湿クリームを選ぶようにしましょう。

また、肌のターンオーバーを正常にするために角質層の潤い成分であるセラミドを補うことも非常に有効です。

しわやほうれい線に対する保湿クリームの効果は?

しわやほうれい線は、乾燥や加齢に伴う潤い成分の減少で肌の弾力が失われることによって、肌本来の形状記憶能力が失われ笑った時や頬杖をついた時にできる線がそのまましわとして刻み込まれてしまうことによってできます。

ほしつん
そのためしわやほうれい線を予防するためには保湿ケアによって失われてしまった潤いやハリツヤを取り戻し、しわの刻み込まれにくい状態に保つことが重要です。

また、既にできてしまったしわに対しても、肌のターンオーバーを正常化することにより徐々に改善することが可能なため、しっかりと肌を潤してあげましょう。

ほうれい線への保湿対策に関する記事をもっと詳しく↓

低下するヒアルロン酸を補うスキンケアが必要

ヒアルロン酸

holdosi / Pixabay

肌の潤い成分であるヒアルロン酸は、加齢によりその生産量が著しく低下してしまいます。そのため肌の外側からヒアルロン酸を補えるようなスキンケアを行うことが大切です。

しかしヒアルロン酸は肌の奥深くの真皮にたくわえられるものですので、より肌に届きやすいようなアプローチがなされている保湿クリームを選ぶ必要があります。

また、肌を若々しく保ってくれる抗酸化作用を持つビタミンEや、コエンザイムQ10が配合された製品も大変有効です。

乾燥肌は肌がカサつくだけではなく、乾燥に伴う様々な肌トラブルを引き起こす原因になります。一見乾燥とは無関係な妊娠線やニキビも、保湿ケアを行うことで改善が期待できるのです。

保湿クリームには減少した潤い成分を補ったり、水分の蒸発を防いで肌の乾燥を改善し、様々な肌トラブルを予防する効果が期待できます。

「肌のバリア機能を高めたい」「ターンオーバーを正常化させたい」場合には角質層の潤い成分であるセラミドを。

「肌全体の潤い機能を高めたい」「肌の奥深くまで潤したい」場合には角質層よりもさらに奥の真皮に存在するヒアルロン酸やコラーゲンを補うような保湿ケアを行うと良いでしょう。

また、炎症やかゆみを伴う肌トラブルに対しては保湿力に加えてより刺激の少ないクリームを選ぶなど、肌のお悩みに応じて使用する製品を選ぶことが大切です。

保湿クリームランキング

投稿日:2017年2月4日 更新日:

Copyright© 【ほしつん】美プロおすすめの保湿 , 2017 All Rights Reserved.