保湿クリームと化粧水の違いと併用の理由

豆知識

【豆知識】保湿クリームと化粧水の違いや併用のワケについて

投稿日:

ほしつん
化粧水や保湿クリームなどの基礎化粧品には、それぞれどんな役割や違いがあるのかご存知でしょうか?あまり深く考えずになんとなく使っている方も多いと思います。

しかし、それぞれの役割や効果を理解していないと、知らないうちに使い方を間違ってせっかくの効果を台無しにしている可能性もあるのです。

毎日きちんとスキンケアをしているのに、なぜか肌荒れしやすいという方はその可能性がありますね。
そこでここでは、潤いのある肌に導くために役立つ基礎化粧品に関する豆知識をたっぷりとご紹介します。

化粧水と乳液、保湿クリームってそれぞれ何が違うの?

保湿クリームと化粧水の違い

保湿クリームと化粧水の違いについてですが、ざっくり説明すると水分と油分の配合バランスの違いです。化粧水はほぼ水分で出来ています。

スキンケア別 入っている成分
保湿クリームは油分と水分
保湿クリーム
水分+油分
化粧水は水分
化粧水
ほぼ水分

またさらに乳液がありますが、乳液は水分と油分が混ざったものですが、水分の割合が多めになっています。

ほしつん
保湿クリームも水分と油分が混ざり合っていますが、油分の割合が多めか、水分と油分が同じくらいのバランスで配合されています。

化粧水を塗っただけだと水分が蒸発して乾燥してしまいますので、油分が必要になり保湿クリームの出番ということになります。

油分は皮脂と同じように肌をベールで覆うため、化粧水で補った水分が外に逃げるのを防いでくれます。

水と油はなかなか混ざりにくい性質がありますが、乳液は化粧水の水分と保湿クリームの油分をしっかりなじませる、いわば接着剤のような役割を果たしています。

基礎化粧品を塗る順番って決まっているの?

基本的には、洗顔⇒化粧水⇒美容液⇒乳液⇒保湿クリーム、というのが正しい順番です。

スキンケアの順番

油分は肌をベールで覆う働きがありますから、保湿クリームを先につけると化粧水が浸透しづらくなります。

ただし、これはあくまでも基本的な順番であって、例外もあります。

一番効き目があるものを先に塗るべきという考え方もある

洗顔後の素肌は、最も美容成分が浸透しやすくなっています。

洗顔後の肌は浸透しやすい

これをチャンスと捉え、肌に最も深く浸透させたい成分が入っている化粧品を先につけた方が効果的だという考え方もあるのです。

例えば「シワやたるみが気になるので、美容液に入っているコラーゲンをしっかり効かせたい!」という場合は、美容液を一番先に塗るのが良いです。

ブランドによっては、美容液を先に塗るというものもあったり、洗顔後すぐに保湿クリームを塗るだけというシンプルな美容法もあったりします。

ほしつん
基本的な順番は最低限の知識として押さえておくべきですが、必ずしも基本通りでなければならないというわけではありません。

全ての種類を塗ることで、むしろ肌が荒れることもある

ライン使いは肌の摩擦による荒れも

化粧水から保湿クリームまで、全てをしっかり丁寧に塗りこむと、それだけ肌にたくさん触れないといけませんよね。

洗顔後に保湿クリームだけという美容法がなぜ良いかというと、肌に触れる回数が少なく摩擦を減らせるからです。

敏感肌の方や肌荒れを起こしている方にとっては、肌に触れること自体がトラブルの元になってしまいます。

肌荒れがひどい時は、低刺激性の化粧水と乳液程度にしておくといった具合に、肌のコンディションに合わせて変えるのが理想的です。

オイリー肌の方は保湿クリームでニキビが悪化することも!

肌の摩擦による肌荒れ

保湿クリームは油分が多いので、もともと皮脂が多い方が使うと毛穴を詰まらせる原因となり、ニキビが余計にひどくなることもあるのです。

かといって、油分が足りないと乾燥が進んで、皮脂の分泌量が増えてしまう可能性もありますので、適度な油分は必要です。

ニキビが出来やすい方は、乳液まででとどめておくか、比較的水分量の多いさっぱり系の保湿クリームを選ぶと良いでしょう。

その日の肌のコンディションを見ながら、使用量を調整していけば、毛穴の詰まりを防ぐことができるはずです。

しっとり肌を手に入れるための保湿クリームの正しい塗り方とは?

保湿クリームの正しい塗り方

保湿クリームを手の平で温めてから肌に塗る

手のひらで保湿クリームを温める

保湿クリームは温めた方が肌への浸透が良くなります。

適量を手にとったら、手の平で包んで温めてみましょう。

手の温度と同じくらいまで温まったら、クリームが少し柔らかくなって塗りやすくなるというメリットもあるのです。

 

念入りに塗りこむのはNG!さっと手早く均一に伸ばす

クリームを塗る際は指の滑りが良くなるので、ついついマッサージ気分で肌を擦ってしまいがちです。

ほかの基礎化粧品にも共通することですが、塗る時の摩擦は肌トラブルを引き起こす原因になります。

塗る時は出来るだけ触らず、時間をかけずさっと塗るのがポイントです。

保湿クリームを塗るポイント

まず保湿クリームを指先にとり、おでこ・鼻・両頬・あごの5か所につけます。

こうすることで、クリームを均一に塗ることができます。

指でやさしく伸ばしたら、手のひらで顔全体を包んで、肌に浸透させましょう。

目元や口元など乾燥しやすい場所には重ねづけ

顔全体に塗った後にまだちょっと乾燥が気になるという場合は、部分的に重ねづけをします。

ただし、乾燥がひどい部分は肌のバリア機能が低下していますので、摩擦は絶対に避けないといけません。

指先で軽くチョンチョンと馴染ませるようにつけると良いでしょう。

まだまだある!基礎化粧品に関する素朴な疑問!

ライン使いの方がいいのか?

化粧品ってシリーズでそろえた方がいいの?

同じブランドの化粧品をライン使いするべきかどうかってすごく迷いますよね。色々なブランドを混ぜて使うのも、もちろん悪いわけではありませんが、ライン使いはその化粧品が持つ効果を最大限生かせるのがメリットです。

極端な例ですが、ニキビ肌用の化粧水と、シワなど年齢肌の悩みに合わせて作られた保湿クリームと併用したらどうなるでしょう?

ニキビ肌用の化粧水は、乾燥しやすい年齢肌には保湿効果が物足りないですし、年齢肌用の保湿クリームは油分が比較的多いのでニキビが悪化する可能性もあります。

つまり、全く違う目的の化粧品を組み合わせると、効果を打ち消しあう恐れがあるのです。

ほしつん
もちろんライン使いしない方も多いのですが、多くの理由が

  • 友人から勧められた
  • スキンケアを選ぶ コスト的にライン使いでの購入が厳しい

という声が多いようです。

ただスキンケアにお金をかける余裕ができてくる30代以降の女性は徐々にライン使いへシフトする方が多く見られる傾向ですね

もし、他のブランドと組み合わせて使う時には、出来るだけ同じような成分が入っているものを選ぶと、せっかくの効果を無駄にせずに済むでしょう。

「いきなり正規の値段で試すのがリスク」という方に各メーカーがお試しとして提供している「トライアルセット」や「モニターセット価格」のスキンケア用品で試してみると良いと思います。

→ 【低価格でライン使いが試せる】保湿クリームスキンケアのトライアルセット(お試し)2017年版!

安いものなら1,000円以下でライン使いを試せますし、返品・返金にも対応しているメーカーもあるので是非試してみてみる価値はアリます。

化粧水と美容液、乳液、保湿クリームの中では、どれに一番お金をかけるべき?

経済的に余裕があれば、もちろん全てにお金をかけたいところですが、なかなかそうもいきませんよね。

基礎化粧品に優先順位をつけるとすると、一番お金をかけた方が良いのは美容液です。美容液には、肌に必要な美容成分が豊富に含まれています。

@yukie.tsunekawaがシェアした投稿 -

化粧水や保湿クリームにも、美容成分は入っていますが、美容液の方が濃縮された状態で入っているので効き目が違うのです。

ほしつん
ただし、美容液だけにお金をかければ、他の化粧品は安いもので済ませて良いというわけではありません。

値段が安いからダメとは一概には言えませんが、他の化粧品を適当に選ぶと、せっかく高価な美容液を買っても効果を発揮できなくなります。

美容液の次にお金をかけた方がいいのは、保湿クリームです。

どれだけ美容成分が含まれているかによって、保湿効果が大きく変わるからです。

保湿効果が低いと、つけた時はしっとりしますが、時間が経つと肌が乾燥して皮脂が浮いてきたりします。

もし金銭的な余裕がない場合は乳液を削り、化粧水と美容液、保湿クリームの3アイテムにすると良いでしょう。

目元の保湿アイクリームって必要なの?

目元はしわやたるみなど年齢が出やすい部分なので、集中的なケアが必要なのは間違いありません。

ほしつん
とはいえ、アイクリームは高価なものが多いですよね。金銭的に余裕がなくて長く続けられないのであれば、無理してアイクリームを使わなくても問題はありません。

顔全体用の保湿クリームも目元用も、同じ皮膚に使うものなので、基本的な成分に変わりはないのです。

それよりも、普段から目を擦らないようにしたり、目の疲れをとるようにすることの方が重要です。

目の周りを温めて血行を促進するアイテムなどを使えば、あまりお金をかけずに集中ケアができるでしょう。

保湿クリームは使用期限はあるの?

スキンケアの使用期限

市販されている化粧品の多くは、使用期限の記載どころか製造日の表示すらありませんので、あまり意識したことがない方も多いと思います。

しかし、化粧品は開封してから時間が経ってしまうと、空気に触れて酸化したり雑菌が繁殖したりする可能性があります。

ほしつん
品質が落ちた化粧品を肌に塗ると、かゆみや湿疹などのトラブルを起こす恐れもあるのです。開封後の使用期限は、化粧品の種類にもよりますが、おおむね半年以内と言われています。

高い化粧品を買うと、少しでも長持ちさせようとケチりながら使うという方も多いと思いますが、新鮮なうちに使い切った方が肌のためには良いのです。

そして未開封の化粧品についても、3年以内に使用するべきという目安があります。ただし、直射日光にさらされていたり温度変化が激しい場所などで保管していた場合は、これよりも早く劣化する可能性が大きいです。

いずれにしても、化粧品を買ったら大事にとっておかず、出来るだけ早く使い切ることが一番ですね。

しっとり肌のための基礎化粧品に関する豆知識まとめ

ここまで化粧品に関する基礎知識をいくつかお伝えしました。

最後にポイントをおさらいしましょう。

この記事のまとめ

  1. 化粧水はほぼ水分、乳液は水分多めで油分少なめ、保湿クリームは水分と油分が同程度か油分多め
  2. 塗る順番は、「化粧水⇒美容液⇒乳液⇒保湿クリーム」というのが基本だけども例外もあり
  3. 保湿クリームは手のひらで温めてから、肌を擦らないようにさっと塗るのがポイント
  4. ライン使いした方が理想的だが、複数のブランドを使う時は似たような美容成分が配合されたものをチョイス
  5. 基礎化粧品の中で優先的にお金をかけた方がいいのは美容液
  6. アイクリームは予算的に難しいなら使わなくてもOK
  7. 化粧品も新鮮なうちに使い切るべし!

これらの豆知識を頭の片隅に置いておくと、化粧品の選び方や使い方も変わってくるはずです。

ほしつん
せっかく美しくなるために手間とお金をかけてスキンケアをしているのですから、化粧品の効果を最大限生かしましょう。

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-豆知識
-, , , ,

Copyright© 【ほしつん】美プロおすすめの保湿 , 2018 All Rights Reserved.